社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター 2021.08.05号 維持会員のみなさまへ
         みなさまとの「共感」を大切に、そのタネとなる福祉情報をお届けします。
維持会員のみなさま。メルマガ「ハーツ・レター」編集部です。明日は、ヒロシマが被爆から76年を迎える「ハチロクの日」です。 東京オリ・パラを機に、広島放送局から、ラジオ特集「被爆オリンピアンが遺したメッセージ 」が放送されます。1936年、砲丸投げの代表選手としてベルリン五輪に出場し、その後出身地の広島で被爆した高田静雄さん。その高田さんが撮影した写真の物語です。ケガをした仲間に肩を貸す「スポーツマンシップ」という作品には、支え合うことの大切さがメッセージされています。共生社会、平和の希求、そしてスポ―ツの力をあらためて考える番組。ラジオ第1で9日(月曜日) 夜8時5分 から。
「NHK障害福祉賞」受賞者の藤野高明さんのドキュメンタリー番組が、8月9日(月曜日・休日)に放送されます。
子ども時代、不発弾の爆発により両目と両手を失った藤野高明さん(82)。NHKが今春、藤野さんの人生を綴る動画を公開したところ、若者たちから大反響。今、藤野さんが次の世代に伝えたいことは何か。ぜひご覧ください。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
フォーラム「子どもの発達障害~『子どもファースト』をどう実現する?~」をオンラインで9日(月曜日・休日)に開催。締め切りは6日(金曜日)午後6時!
親や教育関係者、支援者は、どのようなことに留意しながら発達障害の子どもを支えていけばいいのでしょうか。信州大学医学部の本田秀夫さんをはじめとする支援者をお招きし、当事者の生の声とオンラインで参加いただく方々の思いをネットでつなぎながら進めるフォーラムです。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
 border=0
NHK大阪ホールで「子どもの発達障害を考える講演会・シンポジウム」も開催! 9月23日(木曜日・祝日)申し込み受付中! ※配信はありません
NHK HEARTSの近畿支局が開設して今年で50年。ことばの遅れや発達に障害のある子どもへの支援について、その歩みを振り返りながら、未来を展望します。講師は竹田 契一さん(大阪医科薬科大学LDセンター顧問)、友田 明美さん(福井大学子どものこころの発達研究センター長)、ほかのみなさんです。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
長寿の未来フォーラム「人生100年時代への処方箋」を9月12日(日曜日)オンラインで開催します。
来たるべき人生100年時代をとことん考えるフォーラムです。高齢化率60%超の群馬県南牧村を例に、超高齢社会を自分らしく生き続けるにはどうすればいいのかーーこれからの医療・福祉を考えます。参加者募集中!
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
「認知症とともに生きるまち大賞」の特設ページをオープンしました。各団体へのメッセージも受け付けます!
これまでの「認知症とともに生きるまち大賞」受賞団体を一覧できるほか、各団体への質問やメッセージなども受け付けています。今後は、各団体のその後の活動を掲載するなど、さらに進化させていく予定です。ぜひ一度のぞいてみてください。
詳細はこちら
トピックス
ハートネットTVで、認知症とともに生きるまち大賞の受賞団体が紹介されます。 >>
6月に放送されたハートネットTVの新シリーズ「バリフリ・タウン」が8月11日(水曜日)、17日(火曜日)にアンコール放送されます。
「NHK障害福祉賞」、ご応募ありがとうございました! >>
障害のある人と、ともに歩む人の体験作文の募集は、7月31日に締め切りました。昨年を上回る数の作品が届いています。入選作品は、11月に発表します。
フォーラム「わたしの『心臓』大丈夫?!」参加者募集中! >>
心臓病の中でも近年、急増している「弁膜症」について、専門家らが最先端情報をお伝えするオンラインフォーラムです。締め切りは8月19日(木曜日)です!
「新・介護百人一首」では短歌作品を募集しています。 >>
「介護する」「介護される」など介護の経験を詠んだ自作の短歌を、100字程度の説明文を添えてご応募ください。締め切りは9月6日(月曜日)必着です。
日本陶芸倶楽部会員のみなさんから「共感寄付」をいただきました。 >>
日本陶芸倶楽部会員のみなさんから、5月に開催した「チャリティー作品発表展」の純益をご寄付いただきました。ありがとうございました。放送と連動した福祉活動を中心に、大切に使わせていただきます。
HEARTS & ARTS
毎号、「福祉 × アート」の作品や情報をご紹介。 今回は・・・
「流血雄也」
希望の園(三重県)の川上 建次さんです。
Facebookでも、みなさまに情報をお届けしています。<共感>する情報が見つかったら「いいね!」お待ちしています。
事業団について NHK厚生文化事業団の概要、活動については、こちらをご覧ください。
みなさまからお預かりしている維持会員費によって、視聴者のみなさまへの福祉情報の提供、福祉団体への支援などの活動が支えられています。
NHKハートネット 福祉情報総合サイト
※このお知らせは、一般の方へお送りしている「ハーツ・レター」をもとに制作しています。
※編集部では皆さんからの感想、福祉に関するお悩みなどメッセージをお待ちしております。
メッセージ、お問い合わせはkaiin@npwo.or.jpまで。

【発行元】NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター編集部
個人情報について >

Copyright NHK Public Welfare Organization. All rights reserved.