福祉ビデオライブラリーでは、NHKで放送した福祉関連の番組と、NHK厚生文化事業団が制作したDVD、約590種類を無料で貸し出しを行っています。
2020年3月は、新たに2番組がライブラリーに加わりました。昨年10月に放送され、DVD化の要望が高かった「プロフェッショナル 仕事の流儀 あなたらしく、笑顔で生きて~精神科医・本田秀夫~」と、認知症をテーマにした「きょうの健康」です。「職場の勉強会で上映したい」「個人的に勉強したい」など営利目的でなければ、どなたでもご利用いただけます。ぜひ、ご活用ください。

福祉ビデオライブラリーについて詳しくは、こちらをご覧ください

新規貸出し番組紹介

プロフェッショナル仕事の流儀 
あなたらしく、笑顔で生きて~精神科医・本田秀夫~(コード:04-19-12)

“見えにくい障害”とも呼ばれる発達障害(自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、学習障害など)。信州大学医学部附属病院の精神科医・本田秀夫さんは、発達障害を専門にする日本屈指のスペシャリストで、乳幼児期から成人期まで長期にわたって診察を続けるという世界的にもまれな臨床経験を持つ。「”普通”とは何か?」「幸せに生きるとは?」そんな根源的な問いを胸に、自信を失った人々の生き方を肯定し、寄り添い続ける。


きょうの健康 最新トピックス! 4つの認知症 こう治療する(コード:05-19-03)

(1)アルツハイマー型認知症

認知症の患者数は国内で500万人以上で、その約6割がアルツハイマー型認知症。糖尿病など生活習慣病の治療が治療の柱の1つとなる。開発中の検査や薬についても伝える。

(2)血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳卒中が原因で起こる血管性認知症。実は、脳卒中の経験がないのに、いつの間にか起こる血管性認知症もある。症状チェックや対処法について伝える。

(3)レビー小体型認知症

誰もいないのに「部屋の中に人がいる」などと言う幻視を起こしたり、寝ているときに大声を出したりする「レビー小体型認知症」。薬による治療や幻視を減らす対策を伝える。

(4)前頭側頭型認知症

脳の前頭葉や側頭葉の萎縮により起こる「前頭側頭型認知症」。毎日必ず同じ時間に同じ所へ出かける、言葉の意味がわからなくなるなどが特徴。症状チェックや対処を伝える。

他にも再放送希望の多かった人気番組を多数貸し出しています。
ぜひ福祉ビデオライブラリーをご利用ください。

利用について

オンラインでのご予約は利用者登録が必要です。
詳しくはこちらをご確認ください。
電話でもご予約いただけます。電話での予約については、こちらをご確認ください。

お問い合わせ先

NHK厚生文化事業団 福祉ビデオライブラリー係
電話 03-3476-5955 (受付時間 平日10時~18時)