体重や体形への強いこだわりから拒食・過食に陥る摂食障害。近年急増し、若い女性だけでなく、男性や中高年も目立っています。
「痩せていないと自分に価値がない」「生きていくのが怖い」
―背景には、症状からなかなか抜け出せない人それぞれの理由があります。
そんな摂食障害からの「回復」とは、どういうことなのでしょうか。
フォーラムでは本人の声を聞きながら、100人100色ともいえる向きあい方を考えます。
いま拒食や過食に悩んでいる人や、そんな本人を支えたい方、その他関心のある方など、どなたでも気軽にご来場ください。

日時

2018年3月24日(土)

開場:午後0時30分 開演:午後1時 終演:午後4時(予定) (途中休憩あり)

会場

東建ホール・丸の内

(名古屋市中区丸の内二丁目1番33号東建本社丸の内ビル3F)
名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅の1番出口より徒歩1分
地図と交通案内はこちら。 (別ウインドウが開きます。)
※公共交通機関をご利用ください。

定員

400人

(先着順)

出演者

鈴木 眞理

(すずき まり) 内科医・日本摂食障害協会 理事

信田 さよ子

(のぶた さよこ) 臨床心理士・原宿カウンセリングセンター所長

鶴田 桃エ

(つるだ ももえ) 摂食障害自助グループNABA代表

摂食障害のある本人

司会 荻上 チキ

(おぎうえ ちき) 評論家

申し込み

入場は無料です。3月19日以降にお申込みの方は、以下のページで必要事項を記入し、お申込みの上、当日受付にてお名前をお伝え下さい。
https://www.npwo.or.jp/entry-20180324(新しいタブが開きます)

個人情報は適切に管理し、本フォーラムの連絡のみに使用いたします。

当日参加できなかった方へ、講演のスライドや当日配布する資料をお送りすることができます。
お気軽にお問合せください。

問い合わせ

NHK厚生文化事業団「摂食障害フォーラム」係
電話 03-3476-5955(平日の午前10時~午後6時)

主催

NHK名古屋放送局、NHK厚生文化事業団

後援(予定)

厚生労働省、名古屋市

協力

日本摂食障害協会