10月10日(土曜日)NHKハートフォーラム<オンライン>
共生社会創造‘ぶっちゃけトーク’「“新しい生活”に福祉の視点、足りてる?」と題したオンラインフォーラムを開催します。

「“3密”回避」、「ソーシャルディスタンス」、「テレワーク」・・・。
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は私たちのこれまでの「あたりまえの日常」を根底から覆し、「新しい生活様式」への移行を迫っています。
介助や介護などの現場での接触の難しさ、生きづらさを抱えた人たちの外出自粛による居場所の喪失、移動に支援が必要な人たちの外出機会の減少など、新たな生活様式によって、これまで声をあげられなかった人たちの中には、ますます声を届けられない状況に追い込まれている人たちがいます。
誰もが守られ安心できる「共生社会」を実現するには、いまこそ声なき声を聴くときです。
今回のフォーラムでは、障害当事者や生きづらさを抱えた人々、支援者、専門家などの出演者の「本音」と、視聴する方々の「本音」をインターネットでつなぎながら進めていきます。
「このままで本当に共生社会は実現できるのか」、「実現のためには、私たちは何をしなくてはならないのか」などについて‘ぶっちゃけトーク’を交わし、共生社会実現への知恵を探ります。その知恵が、コロナ禍の日本の福祉について思いを巡らす多くの人々に、エールとなって届くことを目指します。
インターネット環境下にあるパソコン、スマートフォンで全国各地からご参加いただくことができます。

※このフォーラムは、NHK厚生文化事業団の創立60周年事業“ウィズ コロナ”を機に考える「共生社会を手にするための知恵とは?」と「NHKウィズコロナプロジェクト みんなでエ-ル」の一環として開催されます。

出演予定

  • <司会>
    ブルボンヌ(女装パフォーマー / ライター)
  • <出演>
    東 ちづる(女優 / 一般社団法人Get in touch理事長)
  • 熊谷 晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター准教授<当事者研究> / 小児科医)※脳性まひが原因で車いすを使用    
  • 町永 俊雄(福祉ジャーナリスト)
  • ほか、障害当事者や生きづらさを抱えた人々、支援者などを予定

 

日時

2020年10月10日(土曜日)午後1時30分から(2時間ほどを予定)

 

開催形態

インターネットでのライブ配信

※インターネットに接続された環境下にあるパソコン、スマートフォンなどから視聴できます。
※参加申込された方には、視聴に関する準備について、事前にお知らせいたします。
※Wi-Fi(無線)接続の場合、状況により映像や音声が途切れる場合があります。長時間になりますので、3G/4G/LTE回線でご視聴いただくと、データ通信量が決められた上限に達してしまう場合がございますのでご注意ください。
※参加者ごとに、個別のパスワードをお送りしますので、お一人ずつ事前申込が必要となります。

申込方法

参加無料(先着1000人)
※インターネットデータ通信料のみご負担ください。

こちらの申し込みフォームからお申し込みください。

締め切り

2020年10月7日(水曜日)午後6時

※申し込みいただいた方には「受付確認メール」を返信いたします。
※参加申込の方のみ閲覧可能なホームページのアドレスとパスワード等を10月8日までにメールでご連絡します。
※受信拒否設定等をされている方は、あらかじめnpwo.or.jpからのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いします。また、フリーメールアドレスで申し込まれた場合は、こちらからお送りするメールを受信できないことがあります。10月8日を過ぎてもメールが届かない場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ

NHK厚生文化事業団 事業部
メール event1@npwo.or.jp
電話 03-3476-5955 (平日10時~17時)
※新型コロナウイルス感染症の影響等により変更が生じた場合は、ホームページにてお知らせします。

その他

このセミナーの放送及び再配信の予定はありません。


主催

NHK、NHK厚生文化事業団