2019年3月3日(日曜日)、熊本県熊本市で
「フォーラム 超高齢社会を生きる ~認知症の人の思いから始めるまちづくり~」を開催します。

 

まちづくり超高齢社会を迎えた地域で、最後まで自分らしく生きるにはどうすればいいのか?
開催地域の医療者をはじめ地域支援者、認知症の当事者、家族らとともに語り合うフォーラム。
 たとえ認知症を抱えたとしても、地域で暮らし続けられる地域の力があれば、そこには “認知症になっても豊かで健康な暮らし”が実現できるのではないか…高齢社会を課題ではなく、その中にある新たな希望の種をまくフォーラムを目指します。

 

日時

2019年3月3日(日曜日)
開場:午後0時30分 開演:午後1時 終演:午後3時45分(予定)※途中休憩あり

会場

ホテル熊本テルサ テルサホール
(熊本県熊本市中央区水前寺公園28-51)
地図と交通案内はこちら。NHK厚生文化事業団サイトを離れます。

申し込み

入場無料ですが、事前の申し込みが必要です。
参加希望の方は、こちらの応募フォームに必要事項を入力してお申し込みください。

はがき・ファックスでもお申し込みいただけます。下記の項目をご記入のうえ、お申し込みください。
(1)お名前(※個人名)
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
(4)参加人数
(5)ご一緒に参加する方の名前(複数名の参加を希望される場合)

あて先

〒150-0041
東京都渋谷区神南1-4-1
NHK厚生文化事業団「フォーラム超高齢社会を生きる 熊本」係
(ファックス)03-3476-5956 「フォーラム超高齢社会を生きる 熊本」係

※お申し込みいただいた方には2019年2月下旬より順次、入場整理券を封書に入れて発送します(1枚で1人入場可)。
※ 個人情報は適切に管理し、本フォーラムの連絡のみに使用いたします。

定員・締め切り

先着500人。定員になり次第、締め切ります。

主な出演者

光嶋 早代子さん

認知症当事者

光嶋 敏雄さん

家族(夫)

前田 淳子さん

まえだクリニック 院長

矢野 成美さん

認知症カフェみちくさ 代表

山本 智恵子さん

訪問ボランティアナースの会 キャンナス熊本 代表

野口 泰宏さん

社会福祉法人天草市社会福祉協議会 牛深支所 主任

福田 圭吾さん

あさぎり薬草合同会社 代表

コーディネーター 町永 俊雄

福祉ジャーナリスト

問い合わせ

NHK厚生文化事業団「フォーラム超高齢社会を生きる 熊本」係
電話 03-5728-6633(平日の午前10時~午後6時)

主催

NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ

後援

NHK熊本放送局 厚生労働省 熊本県 熊本市 熊本県教育委員会 熊本市教育委員会 社会福祉法人熊本県社会福祉協議会 社会福祉法人熊本市社会福祉協議会 熊本県民生委員児童委員協議会 熊本市民生委員児童委員協議会 公益社団法人熊本県医師会 一般社団法人熊本市医師会 一般社団法人熊本県歯科医師会 公益社団法人熊本県薬剤師会 公益社団法人熊本県看護協会 公益社団法人熊本県理学療法士協会 一般社団法人熊本県作業療法士会 一般社団法人熊本県社会福祉士会 一般社団法人熊本県介護支援専門員協会 一般社団法人熊本県老人保健施設協会 熊本県老人福祉施設協議会 公益社団法人熊本県老人クラブ連合会 熊本市老人クラブ連合会 公益社団法人認知症の人と家族の会 熊本日日新聞社

協賛

株式会社ツムラ