平成30年2月25日、大阪市中央区のドーンセンターで、NHKハートフォーラム「認知症の知識と介護の心得・実践編」を開催します。
認知症はいつ誰がなってもおかしくない身近な問題です。家族が認知症かもしれない、あるいはそうと診断されたときどう対処していけばよいのか。参加者からの質問をもとに、専門医と家庭や施設での介護の経験者がそれぞれにあった対応法を考えます。

 

日時

平成30年2月25日(日曜日)
午後1時~4時15分予定(開場は午後0時30分)

会場

ドーンセンター 7階ホール
(大阪市中央区大手前1-3-49 大阪府立男女共同参画・青少年センター)[アクセス] ※本サイトを離れます。

定員

500人(入場無料)

内容

基調講演「認知症介護 9大法則1原則~認知症を理解し、ともに暮らしていくために~」

講師:杉山 孝博(医師、川崎幸クリニック院長、認知症の人と家族の会副代表理事)

シンポジウム「その不安に答えます ~我が家にあった介護の方法は~」

パネリスト:木寺 喜義(大阪・介護家族。母親を13年在宅で介護中)
服部 裕美(京都・特別養護老人ホーム原谷こぶしの里介護部長)
山内 賢治(兵庫・御蔵あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)所長)
伴 淑子(兵庫・認知症の人と家族の会本部電話相談員、介護経験者)
司会・進行:髙見 国生(認知症の人と家族の会顧問、前代表理事)

申込

定員に達したため、申し込み受付は終了しました。


主催など

主催

NHK大阪放送局、NHK厚生文化事業団近畿支局

共催

公益社団法人 認知症の人と家族の会

協力

大阪府共同募金会

お問い合わせ

NHK厚生文化事業団近畿支局
電話06-6232-8401(平日午前10時~午後6時)