2018年1月27日(土曜日)に宮城県仙台市で開催します。
最新の医療情報とともに、本人に寄り添う支援のありようについて、医療従事者、当事者の方が語りあいます。

がんと生きる 今や誰もが避けては通れない病「がん」。高齢化が著しく進む中、2人に1人ががんを抱え、3人に1人ががんによって死を迎える…。国内のがん罹患率を示したこの数字は、世界でも類をみません。
そうした中、完治を目指す治療がある一方で、たとえ再発や転移を繰り返しても、「がん」によって生じる“さまざまな痛み”や“生活のしづらさ”をできるだけ減らしていく治療の導入が本格的にはじまっています。診断後、早期から痛みをやわらげる「緩和ケア」など、本人の体調や心に向き合い整えていくことが、がんそのものの治療にも効果があるということが実証されつつあります。
フォーラムでは、最新の医療情報と暮らしの支援などについて、医療従事者、当事者の方が語り合います。

日時

2018年1月27日(土曜日)
開場:午後0時30分 開演:午後1時 終演:午後3時30分(予定)途中休憩あり

会場

東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
(宮城県仙台市青葉区川内40)[地図]※NHK厚生文化事業団サイトを離れます。

定員

600人

出演者

北島 政樹

国際医療福祉大学 副理事長・名誉学長、慶應義塾大学 名誉教授

海野 倫明

東北大学大学院医学系研究科 副研究科長、消化器外科学分野・教授

佐藤 隆裕

医療法人社団爽秋会理事、岡部医院院長

吉田 久美子

がん患者会・サロンネットワークみやぎ代表

伊藤 千津子

がん患者サロン「四つ葉の会」

八巻 直恵

宮城県保健福祉部健康推進課がん対策班 技術補佐(班長)

【コーディネーター】 町永 俊雄

福祉ジャーナリスト

申し込み

入場無料ですが、事前の申し込みが必要です。
参加希望の方は、こちらの応募フォームに必要事項を入力してお申し込みください。
お申し込みいただいた方には、2018年1月15日頃より順次、入場整理券を発送します(1枚で1人入場可)。

はがき・ファックスでもお申し込みいただけます。下記の5項目をご記入のうえ、お申し込みください。
(1)お名前(※個人名)
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
(4)参加人数
(5)ご一緒に参加する方の名前(複数名の参加を希望される場合)
【あて先】
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
NHK厚生文化事業団「がんフォーラム 仙台」係
【ファックス】
03-3476-5956 「がんフォーラム 仙台」係

個人情報は適切に管理し、本フォーラムの連絡のみに使用いたします。

締め切り

先着順。定員(600人)になり次第、締め切ります。

問い合わせ

NHK厚生文化事業団「がんフォーラム 仙台」係
電話 03-5728-6633(平日の午前10時~午後6時)
※2017年12月29日(金曜日)から2018年1月3日(水曜日)まで年末年始休業とさせていただきます。

主催

NHK厚生文化事業団、NHKエンタープライズ、読売新聞社

後援(予定)

NHK仙台放送局、厚生労働省、宮城県、仙台市、社会福祉法人宮城県社会福祉協議会、社会福祉法人仙台市社会福祉協議会、公益社団法人宮城県医師会、一般社団法人宮城県歯科医師会、一般社団法人宮城県薬剤師会、公益社団法人宮城県看護協会、一般社団法人仙台市医師会、宮城県民生委員児童委員協議会、仙台市民生委員児童委員協議会、宮城県がん診療連携協議会

特別協賛

株式会社ツムラ

協賛

株式会社アデランス