お申込は終了させていただきました。たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
⇒DVD3巻セット『ひきこもりからの回復』無料貸し出しのご案内について

NHK厚生文化事業団は昨年、精神科医・斎藤環さんの監修の下、福祉ビデオ『ひきこもりからの回復』を独自制作し、ご好評をいただきました。今年は、その映像を活用したフォーラムを9月8日(土曜日)に大阪で開催します。

 

180908ひきこもりフォーラムチラシ第1部は、近年メディアでも注目されている”女性のひきこもり”について取り上げます。不登校・ひきこもり経験者の林 恭子さんの体験談をもとに、精神科医の斎藤 環さんが母と娘の関係の視点や「回復のためのヒント」について解説します。全国に広がる「ひきこもり女子会」の最新情報についても紹介します。
第2部では、ひきこもりの人にとって社会復帰の大きな壁となっている《就労》について取り上げます。斎藤さんは近年、“経済的自立”だけを目的としない“ケアとしての就労支援”という新しい概念を打ち出しています。また、畠中 雅子さんはファイナンシャルプランナーの立場から、「ひきこもりのライフプラン」を提唱しています。家族の家計を洗い出し、将来にわたる経済的な見通しを明らかにすることでひきこもっている本人も「どのくらいの収入を得れば生きていけるのか」が分かり、就労への背中を押すことにつながると言います。就労支援に携わる支援者・当事者・専門家とともに新しい就労支援のあり方や多様な働き方についてトークセッションで深めていきます。

こちらからチラシをダウンロードできます。

日時

平成30年9月8日(土曜日)
開場:午後1時 開演:午後1時30分 終演:午後5時(予定・終演時間が変更になりました)

会場

グランフロント大阪 北館4階 ナレッジシアター
(大阪市北区大深町3-1)[地図]※NHK厚生文化事業団サイトを離れます。

定員

300人

内容

  • 第1部「注目される”女性のひきこもり”」
  • 第2部「いま、《ケアとしての就労支援》を考える」

出演者

斎藤 環(さいとう・たまき)さん 筑波大学・教授 / 精神科医

林 恭子(はやし・きょうこ)さん 『ひきこもり女子会』主催 / 不登校・ひきこもりの経験者

福原 朱里(ふくはら・あかり)さん リタリコワークス大阪梅田・センター長

りょうた さん ひきこもり経験を経て就労を果たした当事者

畠中 雅子(はたなか・まさこ)さん ファイナンシャルプランナー

コーディネーター:
町永 俊雄(まちなが・としお) 福祉ジャーナリスト / 元NHKアナウンサー

 

申し込み

入場無料ですが、事前の申し込みが必要です。
お申込は終了させていただきました。たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

締め切り

先着順。定員(300人)になり次第、締め切ります。
※お申し込みいただいた方には、8月末頃より順次、入場整理券を発送します(1枚で1人入場可)。
※個人情報は適切に管理し、本フォーラムの連絡のみに使用いたします。

問い合わせ

NHK厚生文化事業団「ひきこもり9/8 大阪」係
電話 03-3476-5955(平日の午前10時~午後6時)

主催

NHK厚生文化事業団 NHK

後援(予定)

厚生労働省、大阪府、豊中市、ひきこもりUX会議、KHJ全国ひきこもり家族会連合会


福祉ビデオシリーズ『ひきこもりからの回復』

精神科医・斎藤 環さんが監修するDVD全3巻セットを無料で貸し出しています(送料のみご負担)。詳しい情報はこちらをご覧下さい。