519055eebea55

DVDセット「うつ病」を制作し、福祉ビデオライブラリーで無料(送料のみのご負担)貸し出しを行っています。
うつ病とは何か、どんな治療があるのか、休職した人が職場に戻るための課題など、映像によってわかりやすく解き明かす、全3巻のDVD教材です。

DVDセットの概要

名称 うつ病
構成 DVD3枚と内容紹介ブックレット1冊
監修 大野 裕(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長)
制作 NHK厚生文化事業団

監修者から一言

大野 裕

うつ病は心の活気がなくなる状態で、憂うつな気分になったり、楽しむ気持ちが持てなくなったりしてきます。また、身体の調子が悪くなったり、仕事や家事に集中できず、うまくそれができなくなったりもします。こうした症状のために、うつ病の方は様々な苦労を経験されます。さらに、そうした症状に加えて、その苦しさを人に分かってもらえないということで悩む方もたくさんいらっしゃいます。心の問題は外からは見えにくいものです。その悩みを抱えながら多くの方が生活をしていらっしゃいます。以前はうつ病は治る病気だと言われていました。しかし、その後の研究から長くうつ病を患う方が少なくないということが分かってまいりました。このDVDを見ていただいて、うつ病を抱えながら生きていくためのヒントを読みとっていただければと思います。 また、私は職場のメンタルヘルスにも関係しておりますが、10年前に比べて相談にいらっしゃる方は大きく増えています。うつ病にかかって休む方も増えています。その中で休まれた方がスムーズに復職できるような復職支援、つまりリワークが重要になってきています。このDVDを通じて、これから復職しようとしている方、またはそうした方々を支援しようとされている方々が、スムーズな復職に向けての手がかりを見つけていっていただければと思います。

大野さんのプロフィール

国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長。 1950年、愛媛県生まれ。1978年、慶應義塾大学医学部卒業と同時に、同大学の精神神経学教室に入室。コーネル大学医学部、ペンシルバニア大学医学部への留学を経て、慶應義塾大学教授(保健管理センター)を務めた後、2011年6月より、独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター長に就任、現在に至る。近年、精神医療の現場で注目されている認知行動療法の日本における第一人者で、国際的な学術団体Academy of Cognitive Therapyの設立時からの会員であり、日本認知療法学会理事長。日本ストレス学会副理事長、日本うつ病学会や日本不安障害学会の理事など、諸学会の要職を務める。 認知行動療法活用サイト「うつ・不安ネット:こころのスキルアップ・トレーニング」を発案・監修。 著書『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』(朝日新聞出版)、『はじめての認知行動療法』(講談社現代新書)、『「うつ」を治す』(PHP新書)、『こころが晴れるノート:うつと不安の認知行動療法自習帳』(創元社)ほか多数。


貸し出しご希望の方は

DVD「うつ病」は、事業団の福祉ビデオライブラリーの中で、無料で(送料のみのご負担で)貸し出しています。このDVDのコードは、10-13-01 です。

福祉ビデオライブラリーのご利用方法は、こちらをご覧ください。

4de8998018f34