生きる上での身近な問題を当事者や専門家といっしょに考える「ハートカフェ」。今回はNHK-Eテレで毎週木曜日に放送している「バリバラ」との連動企画として開催します。
 昨年12月と今年6月に放送した「“きょうだい”の悩み」には、障害のある兄弟姉妹を持つ人たちから番組にたくさんのメールが寄せられるなど大きな反響がありました。「子どもの頃は親の関心が障害のある兄(姉)ばかりに」「兄弟姉妹としての関係」「まわりからの偏見」「自分の結婚のこと」「親なきあとは・・」など、そこにはさまざまな声や悩みが。
 ハートカフェでは、自らもダウン症の兄を持ちながら“きょうだい”への支援活動を行っている持田恭子さんはじめ当事者の方々や番組担当ディレクターとともに、障害のある兄弟姉妹との向き合い方、そして自分らしい生き方とはについて考えていきます。
 参加はどなたでも可能ですが、事前のお申し込みが必要です。希望される方は下記の要領でお申し込みください。

日時

2019年7月15日(月曜日・祝日)
受付開始:午後1時 開始:午後1時30分 終了:午後4時(予定)

会場

大阪歴史博物館講堂(NHK大阪放送局隣接)
(大阪市中央区大手前4-1-32)
地下鉄谷町四丁目駅2号または9号出口すぐ
地図と交通案内はこちら。別ウインドウが開きます。

内容

講演「障害のある人の“きょうだい”の悩みと支援」

講師:持田 恭子(CAN・ケアラーアクションネットワーク代表)

“きょうだい”の悩み 本音トーク

出演:障害のある兄弟姉妹を持つ当事者の方々

安西 真弓(NHKバリバラ班ディレクター)

司会:持田 恭子(CAN・ケアラーアクションネットワーク代表)

申し込み

参加を希望の方は近畿支局まで電話でお問い合わせください。
電話 06-6232-8401(平日の午前10時~午後6時)


主催

NHK厚生文化事業団近畿支局

協力

大阪府共同募金会

問い合わせ

NHK厚生文化事業団近畿支局
電話 06-6232-8401(平日の午前10時~午後6時)