4f55d394b8a03

DVDセット「認知症ケア」を制作し、無料で(送料のみのご負担で)貸し出しています。
認知症になった後、どう生きられるのか?
30年前と今では、生きる姿が大きく違っています。
今でも、その時に出会ったケアによって大きく違います。
それでは、「よいケア」とはどんなものか?
記録映像を通して分かりやすく学べる教材です。

 

DVDセットの概要

名称 認知症ケア
構成 DVD3枚と内容紹介ブックレット1冊
監修 長谷川 和夫(認知症介護研究・研修東京センター 名誉センター長)
制作 NHK厚生文化事業団

監修者から一言

長谷川 和夫

昨今の10年、認知症の保健、医療、福祉の領域は著しい進化をとげました。社会の認知症についての考え方も“痴呆”の時代に比べると当事者のその人らしさを大切にするというあるべき姿に変わってきつつあると思います。
3巻のDVDを教材等としてご活用いただけると幸いです。

長谷川さんのプロフィール

認知症介護研究・研修センター 名誉センター長。
1929年、愛知県生まれ。1953年、東京慈恵会医科大学卒業。聖マリアンナ医科大学神経精神科教授、学長、理事長を歴任。2005年から高齢者痴呆介護研究・研修センター長。2009年から現職。専門は老年精神医学・認知症。1974年、長谷川式認知症スケールを開発。2004年、「痴呆」から「認知症」への名称変更に関わる。著書『認知症ケアの心』(中央法規出版)、『認知症診療のこれまでとこれから』(永井書店)など多数。


貸し出しご希望の方は

DVD「認知症ケア」は、事業団の福祉ビデオライブラリーの中で、無料で(送料のみのご負担で)貸し出しています。このDVDのコードは、10-12-01 です。
福祉ビデオライブラリーのご利用方法は、こちらをご覧ください。

この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです