49e81cac7467f統合失調症の人のご家族向けに制作したDVDセットを、無料で(送料のみのご負担で)貸し出しています。
統合失調症からの回復には、治療やリハビリテーションのほか、家族の接し方も影響すると言われています。どんな接し方がのぞましいのでしょうか。このDVDセットでは、回復力を高める家族のコミュニケーショについて、専門家の解説とドラマを通して学ぶことができます。

 

DVDセットの概要

名称 統合失調症の人の回復力を高める家族のコミュニケーション
構成 DVD3枚と利用ガイドブック1冊
監修 高森 信子(SSTリーダー)
制作 NHK厚生文化事業団

監修者から一言

49ddba6b04575
高森 信子

私は長年にわたって、精神疾患をもつご本人やご家族を対象に、再発防止や生活の質の向上を目標として、SST(生活技能訓練)を各地で行って来ました。
参加されたご家族からは、さまざな悩み事の相談を受けますが、その中でしばしば感じるのは、ご本人とご家族の間に、気持ちのすれ違いがあることです。私はご家族に、ご本人の気持ちを理解し寄り添ってくだい、とお願いし、ご本人とどう接すれば良いか、いっしょに考えます。後日、「接し方を変えたら、家族の関係が良くなりました、子どもが元気になりました」という話をご家族から聞くと、心から、良かったなあ、と思います。
このDVDセットは、私が多くのご家族やご本人と話し合った体験をふまえて制作されました。家族が本人との接し方を考えるときに役立つ具体的なノウハウが、たくさん詰まっています。多くのご家族の方、そして、ご家族やご本人を支援する方にご覧いただき、回復力を高めるコミュニケーションについて考えていただきたいと思っています。

高森さんのプロフィール

教職10年、アートセラピストとして子どもたちの美術教育に15年携わる。カウンセラーおよびカウンセラー養成講師の資格を取得し、1985年より、世田谷心の相談室にカウンセラーとしてかかわる。
東大デイホスピタルでのSSTリーダー養成研修会を経て、1989年より、各地の家族会、精神保健福祉センター、作業所などで、ご家族が参加するSSTや、ご本人が参加するSSTの、リーダーとして活躍中。


貸し出しご希望の方は

DVD「統合失調症の人の回復力を高める家族のコミュニケーション」は、事業団の福祉ビデオライブラリーの中で、無料で(送料のみのご負担で)貸し出しています。このDVDのコードは、10-08-01 です。 福祉ビデオライブラリーのご利用方法は、こちらをご覧ください。

このDVDの製作に当たっては、財団法人JKAによる「競輪公益資金」の補助を受けました。