NHK厚生文化事業団は、NHKの放送と一体となって、誰もが暮らしやすい社会をめざして活動する社会福祉法人です

NHK厚生文化事業団


現在位置:ホーム > ビデオと本 > このページ


冊子「家族が認知症と診断されたあなたへ」

「家族が認知症と診断されたあなたへ ---おすすめ介護術---」は、認知症の介護について、わかりやすく解説した冊子です。この冊子を無料で(送料のみのご負担で)お分けしています。
なお、この冊子はPDFでもご覧いただくことができます。PDF版冊子

冊子の表紙

冊子の概要

名称:
家族が認知症と診断されたあなたへ
  ---おすすめ介護術---
監修:
須貝 佑一(認知症介護研究・研修東京センター副センター長)

制作: NHK厚生文化事業団
協賛: 株式会社 ツムラ
判型: A5判 40ページ カラー印刷


監修者から一言

写真:須貝さん

須貝 佑一

「この冊子は認知症の人のご家族向けに書かれています。どなたかが認知症と診断されると、介護する家族には、この先どうなっていくのか、どうやって対応していけばいいのかといった様々な不安や心配が押し寄せてきます。初めての経験ばかりで戸惑うことも多いでしょう。
この冊子は、多くの介護家族のすぐれた経験や認知症専門家の意見を取り入れ、認知症の人が安心して暮らしていけるようなノウハウを、コンパクトにまとめました。認知症のことを知り、認知症の人の心のあり方を理解することの大切さを強調しています。介護で困ったとき、ちょっと開いてみてください。きっといい知恵が浮かぶことと思います。ご家族だけではなく、認知症の人と家族を支える地域の方々も、ぜひご活用ください。」

須貝先生のプロフィール

1945年生まれ。東京大学医学部保健学科卒、朝日新聞記者を経て、京都府立医科大学卒。川崎市立川崎病院精神科、国立精神・神経センター武蔵病院を経て、1990年、社会福祉法人浴風会病院精神科。現在は、同病院診療部長 兼 認知症介護研究・研修東京センター副センター長。日本認知症ケア学会理事。


目次

  • 物語「自宅介護にはコツがあります」
  • 認知症を正しく理解しましょう
  • 認知症の介護 6つのポイント
  • 症状別対応法
    • 食べた直後なのに、「食べてない」と言う
    • 歩き回り、道に迷う
    • 財布を盗まれたといって騒ぐ
    • トイレ以外の場所で用を足す
    • 夜になると活発に行動する
    • 突然興奮したり騒いだりする
  • 認知症の介護Q&A
  • 症状を軽くする薬物療法
  • 介護保険を利用しましょう
  • ご近所に助けてもらいましょう
  • 自宅介護の先に
  • 相談窓口
  • 参考図書・ホームページ

冊子の特徴

(下の画像をクリックすると、該当するページのPDF文書が開きます)
ご家族が認知症と診断された方、認知症に関心のある方、どなたにも読みやすい文章と構成を心がけました。

冊子のページ。右ページに優しい感じのイラスト

(下の画像をクリックすると、該当するページのPDF文書が開きます)
認知症の症状ごとに、どう対応したら良いか、対応法を具体的に書いています。どなたにも、いつでも有効な方法というのはありませんが、ご自宅で対応する時のヒントになさってください。

冊子の一部。症状別対応法。

(下の画像をクリックすると、該当するページのPDF文書が開きます)
介護保険など、家族の介護負担を軽くするさまざまなサービスについて説明しています。

冊子の一部。介護保険について。

ご希望の方は

この冊子を、ご希望の方には、ゆうメールの着払いでお送りいたします。電話(03-3476-5955)でお申し込みください。5冊までの場合はメールでもお申し込みいただけます。
お申し込みいただいてから、お送りするまでに1週間から10日ほどお待ちいただく場合もございますので、ご了承ください。

送料は以下のとおりです。

  • 1冊の場合・・・送料180円+着払い手数料21円
  • 2冊、3冊・・・送料215円+着払い手数料21円
  • 4冊、5冊・・・送料300円+着払い手数料21円

着払いが困難な方は・・・

着払いでの受け取りが困難な方は、事前に上記送料分の切手をお送りいただいても結構です(着払い手数料は必要ありません。1冊の場合は140円分の切手で結構です)

  • 冊子名と希望数を書いたメモ
  • 切手(送料分)

を同封して、

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1 第七共同ビル
NHK厚生文化事業団「介護の冊子」係

まで申し込んでください。お送りいただいた切手を使って、冊子を郵送いたします。
送付を希望される先の郵便番号、住所、お名前も必ずご記入ください。

お問い合わせ

NHK厚生文化事業団
電話:03-3476-5955(平日午前10時から午後6時まで)